記事リスト

観客席

発注見積もりを取る

体育館に観客席を設ける場合、専門業者から見積もりを取って比較してから設置工事の流れになります。観客席の数やタイプによって費用は異なります。また、工事期間中は体育館が使えなくなってしまうこともあります。

やぐら

専用のやぐらを選ぼう

祭りやぐらを新たに購入する場合に気をつけたいのは、専用に造られた製品を選ぶことです。祭りやぐらは上に太鼓や、複数人が乗って使用する事が多いため、重量に耐える強い構造が求められます。また浴衣など薄着での使用が多くなるので、角が丸くなっているなどの配慮も必要なのがその理由です。

土のう袋

便利な特徴

吸水土嚢の特徴としては、土砂は使わず水だけで使用できるという事があります。そのため土の地面が必要なく、保管にスペースを取られる事がありません。さらに使用後は乾燥させれば、燃えるごみとして廃棄する事が出来、処理コストを安く抑えられます。

お祭り

導入にかかる費用

盆踊り用のやぐらはレンタルした場合、小さなサイズで1泊2日で3〜6万円ほどで借りられます。日数が増えると、追加料金として1日あたり1万円程度がかかります。一方購入した場合には、小さなもので50〜100万円程度必要であり、盆踊りの開催頻度などを考慮してレンタルか購入か選びましょう。

観客席

押さえておくポイント

体育館で観客席を作る時は、どれだけの人数を入れるのかによって変化させましょう。スポーツの場合なら、プレーエリアからできるだけ離しておくと良いですし、可能であれば移動させやすい椅子を使っておくのが無難です。

今も人気の理由

お祭り

手軽に雰囲気を作れる

神社のお祭りやお寺の盆踊りなど、日本伝統の行事の雰囲気づくりに欠かせないアイテムの一つとして、やぐらがあります。お祭りでは囃子手が、盆踊りでは踊り手などが登壇して場を賑やかに盛り上げます。また最近では自治体の地域おこしや、企業や団体の広報活動の一環として祭りを模したイベントが開催される事も多く、やぐらが活用されています。何の変哲もない公園や駐車場、営業所の空きスペースなどでも、やぐらを立ててちょっとした飾りつけをすれば、手軽にお祭りの雰囲気を出せるので幅広い場面で支持されています。やぐらと言えば以前は定期的に開催される盆踊りなどに合わせ、地域住民などによって木材などを組んで臨時で設営されるものでした。現在では金属製の丈夫で軽量なイベント専用のやぐらがあり、保管や設営が楽にできるように工夫されています。折りたたみ式のやぐらもあり、盆踊りなどで使用する小さなサイズであれば、設営スタッフが2人もいればすぐに組み立てられる手軽さから人気があります。専用のやぐらについては自前で購入する以外に、レンタルすることも出来ます。繰り返し開催するか不明のイベントなど、購入のリスクがある場合に便利なサービスです。レンタルなので、当然保管場所の心配もありません。レンタルの仕組みは会社によって異なりますが、サイズや付属品などを自由に選択することが出来ます。ほとんどの場合設営と撤去についてもレンタルのプランに組み込まれているので、人員の確保が難しい小規模なイベントなどでも重宝されています。

Copyright© 2018 盆踊りやぐらはイベント必須のアイテム【すぐに組み立てられる】 All Rights Reserved.